性病を勉強しよう

大人なら常識として、性病の知識を持っておきましょう。まずは性病にならないために、万が一なってしまったときに適切な対応をとるために性病について勉強していきましょう。

性病について勉強するカップル

まず性病とは何か

性病とは主に「性行為によって感染する病気」を指す言葉として扱われていますが、本来の分類としては梅毒、淋病、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫の四種類のみがこの性病として呼ばれる病気とされていました。
ただ現代ではクラミジアやカンジダなど性行為によって感染が広がる感染症であれば性病と呼ばれることも増えてきていますから、認識としては性行為によって感染が広がる感染症のことだとして考えておいてよいでしょう。
さて、またこの性病ということで少々誤解をしないようにしておきたいのが「膣への挿入だけを感染源とするわけではない」ということです。
もちろん膣への挿入を含む性行為は性病が広がる大きなリスク要因であることは間違いないのですが、性病の中には膣への挿入以外にも感染が拡大するものがあります。
例えばクラミジアは性器以外にも喉にも感染があることがあり、咽頭に感染した場合は咽頭クラミジアになります。
この咽頭への感染はいわゆるオーラルセックスやディープキスといった、膣への挿入以外の性行為によっても感染が拡大するわけです。
またHIV、エイズとしてよく知られている病気に関しては膣への挿入やディープキスよりも肛門を使った性行為によって感染リスクが高まるという特徴がありますから、基本的に人と人の粘液が交換されるような接触があった場合であれば性病は感染を拡大させる可能性があると言えるわけです。
ちなみにHIVに関して言うと、この病気は母子感染を引き起こすということも特徴になります。
母子感染、つまりHIVに感染した母親から生まれた子供が生まれながらにしてHIVに感染しているということですが、こうしたことがあるためHIVは性病としてはかなり特殊な位置にあるとして覚えておきましょう。

性病になるとどうなるのか

「性病になるとどうなるのか」という疑問は多くの人が抱くものですが、実際のところこの疑問に対する答えはかなり難しいと言えます。
性病と一口に言ってもその種類は様々にありますから症状も異なりますし、加えて病気によって治療の難易度も大きく異なることになるからです。
例えば性病の中でも最も恐ろしいと言われているのがHIVですが、現状のこの病気は感染した場合一生付き合っていかなくてはならないものになります。
医学が発達したことによってこれまでほど危険な病気ではなくなったとは言え、原因となるウイルスを身体から完全に除去することはまだ不可能とされているため完治の可能性がほぼゼロと言って良い状態なのです。
そしてHIVを発症した場合には全身の免疫機能が低下してしまい本来であれば問題無いような病気で大事になりやすくなり、最悪の場合風邪などであっても重度の合併症を引き起こして死に至ることがあります。
またHIV以外でよく知られている性病としてあるのがクラミジアですが、こちらはHIVとは異なり適切な治療さえ受ければ完治させることが出来る病気です。
ただだから恐ろしくないと言えるわけではなく、女性がクラミジアに感染した状態で放置してしまうと卵管炎が引き起こされて将来的に妊娠ができなくなってしまうリスクがあります。
不妊治療を行えば妊娠が出来るようになる可能性もありますが状態が極度に悪化している場合は不妊治療の効果も十分に出ない状態になることがありますから、やはりクラミジアでも恐ろしい病気であると言えるでしょう。
性病はそれぞれによって症状も治療の難易度も異なりますが、総じて言えるのは「感染して良いことは一つも無い」ということです。
将来のためにはもちろんのこと、治療のための出費など現実的なことを考えても良いことは一つもありませんから普段からしっかり感染予防を心がけるようにしましょう。

性病のままでいるとどうなるのか

性病は、性感染症のことです。性感染症ですから、主たる感染経路は性交渉や性的接触です。性病は男女ともに、そして年齢関係なくかかる可能性があります。ただし統計的に見て罹患率が高いのは、10代から20代にかけての若年層です。性病にはどのようなものがあるか、その症状も含めて紹介すると、まずはクラミジア感染症です。
これはクラミジア・トラコマチスを原因として発症する症状で、女性であればおりものの増加、下腹部の痛みなどが初期症状です。男性の場合は女性よりも症状が軽く、排尿時の軽い痛み、ペニスから出る分泌物による下着の汚れなどです。
それから梅毒です。梅毒は、昔は非常に感染者が多い性病でした。ただ抗生物質の登場により、その数は一度は減少に転じたのですが、最近は再び患者数が増加してきています。痛みのないしこりから症状が始まり、そして全身への発疹、コブ状のしこりなどへと進行していきます。
その他、エイズやB型肝炎なども性病に該当します。これらの性病は初期の段階で正しい治療を受ければ、完治、または症状の進行を抑えることができます。しかし逆に性病を放置したままでいると、体に対しては様々な影響が出てきます。たとえばクラミジアは、特に女性の方は放置し続けると子宮内膜炎や卵管炎などに進行する恐れがあり、それが原因で不妊症が出てくることもあります。
また感染した状態で出産をすると、その赤ちゃんもこれ感染してしまう恐れがあるとされています。それから梅毒ですが、こちらは段階を踏んで進行していく症状のため、最終的には心臓や神経、目などに重い障害が発生するようになり、それが原因で命を落としてしまうこともあります。
これはエイズやB型肝炎でも同じです。性病のままでいても、良いことなどひとつもありません。ですから、先述した通り、早期に発見し治療を受けることが重要になります。

■性病になってしまっても、焦らず治療薬で治療しましょう
ノバモックスで細菌を死滅させましょう!
■性病の中でも危険なHIVですが、心当たりがあるなら検査をしておきましょう
HIV 検査
■性病の一つである尖圭コンジローマにはベセルナクリームで解決しましょう
ベセルナクリーム
■性病になってしまっても病院に行く勇気がない、という方へ
性病の薬は通販で!