大人なら常識として、性病の知識を持っておきましょう。まずは性病にならないために、万が一なってしまったときに適切な対応をとるために性病について勉強していきましょう。

性病について勉強するカップル

性病の疑いで生じる胃の不調

性病といえば行為で感染するものと考えられることが多いですが、中には行為で感染する可能性はほぼ無いものもあります。
それは元来から人体が有している常在菌が関係している場合が挙げられます。
生まれた時から有しているので、自己感染という理由が大半なのですが、極稀に関係を持った時にウイルスが感染する疑いがあります。
ただし5%から10%という極めて低い確率なので、一般的とは言い難いのが実情です。
自己感染する時は免疫力が下がっている時が最も起こりやすいのですが、他者から移った時も同じく免疫力が下がっている時です。
当然、症状を患っている際関係を持つとパートナーなどに移りやすいので注意を払わなければなりません。
中でも男性は女性よりも自覚症状が無いと言われているので、男性から女性に移してしまったという事例が多いという特徴があります。
しかも、ウイルスの力が弱いので男性の場合はデリケートな部位に性病のウイルスが付着してしまっても、シャワーなどを用いて洗い流すことで感染が防げるとも言われています。
相手に移さないということはもちろん、当事者の性病を重症化させないためにも行為に及ぶのは避けるべきです。
胃の調子が悪いなど変化が起きた時には検査を受けてください。
男女で診察に出向くべき機関が異なり、女性の場合は産婦人科や婦人科に行かなければなりませんし、男性の場合は性病科や泌尿器科に行く必要があります。
今日においては簡易検査キットを個人的に取り寄せすることもできるため病院に出向く時間を確保することができなかったり、他者に知られたくないという場合には簡易検査キットを取り寄せしてみるのも良い選択です。
感染が確認された時は抗真菌剤もしくは軟膏を手にすることができます。