大人なら常識として、性病の知識を持っておきましょう。まずは性病にならないために、万が一なってしまったときに適切な対応をとるために性病について勉強していきましょう。

性病について勉強するカップル

性病の症状は予防が重要

性病の症状を出さないためには、予防が重要です。性病の予防で一番の確実な方法は、誰とも性的接触をしないことです。しかし、現実的には難しいため、パートナー同士が性感染症の検査を受けておくことです。パートナー同士で検査結果が陰性であれば性行為を行っても問題ないとされています。
また、コンドームの使用も重要です。コンドームは避妊の効果だけでなく性感染症や風などの普通の感染もしづらくなるため、出来る限り使用するようにします。ただし、コンドームを使用したからといって100%の予防にはなりません。性病の中には、コンドームで覆われていない部位から感染するものや口を使った性交慶友などで性交渉以外の要素から感染することがあります。
性病の予防で最も大事なのは、不特定多数との性交渉は避けることです。感染していないパートナー同士であれば、いくら性行為を行っても感染しませんが、ここに第三者が加わることで事情が変わっていきます。感染症は、1人が感染していれば、どんどん広がっていきます。あわせて、体調が万全でないときには性行為は控えることや生理中には性行為をしないこと、性行為前後にはお互いシャワーをあびるなど不潔な状態で性行為を行わないなども性病の感染の危険性を下げることになります。
性病の予防では自分自身の知識や五感も必要になります。相手の性器に炎症や異常な臭い、怪しげなイボイボ、過剰なオリモノなどがないか確認します。異常が見られなくても不安や違和感を覚えた場合には、性行為中であっても中止することです。そうすることで危険回避できた人もいます。性病に感染すると時間もお金もかかるため、自分の身体は自分自身で守るために予防します。