大人なら常識として、性病の知識を持っておきましょう。まずは性病にならないために、万が一なってしまったときに適切な対応をとるために性病について勉強していきましょう。

性病について勉強するカップル

性病感染の確率は高い、感染したらパートナーに申告

性病というのは主に性行為で感染するものですから、性行為をしないのであれば感染をする心配はありません。
また、誰かに移してしまうという恐れも極めて低いものとなっているので、余計な心配は不要です。
しかし、特定のパートナーが居るにもかかわらずちょっとした出来心で他の相手と性行為をして性病に感染してしまったという時には、パートナーにも感染させてしまう確率は高いので正直に申告をしましょう。

相手に愛想をつかれてしまうかもしれないと思うかもしれませんが、その間に性行為をして移してしまっては同じことですし、すでに移してしまっている可能性もありますから、黙っているわけには行きません。
カップルが感染をした場合には、どちらか片方が直してももう一方が感染したままだと再度移されてしまうということになりますから、同時に治療をしなければなりません。
そのまま別れるにしても、倫理的に感染をしていたことは伝えなければなりませんし性病に感染をしてしまった場合には、関係するすべての相手にしっかりそのことを告げることが大切です。

そして、もうひとつ重要なのは当たり前のことですが感染した病気に合わせて治療を行うということです。
感染していることを知っているのに、放置をするというのは危険なことであり不妊の原因となってしまう恐れもあるのですぐに治療を開始しましょう。
性病の治療法というのは薬をのむことによって治療を行われ、それほど時間がかかることなく完治させることができます。
治療中は性行為をすることは厳禁であり、治療中も性病を移してしまう恐れがある他別の性病に感染をしてしまう恐れもありますので、治療中は性行為をすることなく終わった後も完治していることが確認するまで性行為は慎みましょう。